【丸呑み】カバが街中を走る!逃げ惑う人々にかぶりついてゴックン

カバは世界中で人気のある動物です。体長は3.5~4メートル、体重は1300~1500キロという巨体で、ゾウ、サイに次いで3番目に重い動物とされます。

カバは、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南の湖や沼、河川などに生息し、イネ科の植物を主食とします。昼間は水中で生活していますが、実は泳げないため、前脚で水底を歩きます。陸上では水か泥で定期的に体表を濡らさないとひび割れを起こすこともあり、主に夜間に陸へ上がり、食物を探します。動きが鈍そうなイメージがありますが、実は時速30kmで走れます。ただし、持久力が無いため、長距離を走ることはできません。

【丸呑み】もしパックンフラワーが実在したら?公園の人食い花が怖い
もしパックンフラワーが実在したら、何が起こるのでしょうか?公園に生えた人食い花が女性を丸呑みするCG動画から、その恐ろしさを確認しましょう。

カバは群れを作って生活する社交的な動物です。群れは、リーダーのオスとパートナーのメス数十頭、その子供たちから形成され、40頭もの数になることもあります。オス同士はリーダーの座をかけて戦うこともあります。

私たちは、図体がでかくて温厚な動物のイメージでカバを捉えがちです。しかし、実際のカバはとても獰猛で、自分の縄張りに侵入した動物には容赦なく襲いかかります。ワニやライオンでさえカバの猛攻で瀕死の重傷を負うことすらあるんですよ。人間が血迷ってカバに近づこうものなら、到底敵わないでしょう。実際、アフリカでは、カバによって年間約2900人の命が奪われているとか……。

そんな恐ろしいカバがもしも街中に大量に解き放たれたらどうなるのでしょうか?この“もしも”をCGで再現した動画がYouTubeに公開されています。

道路をドシドシ走ってくるカバたちと、叫び声を上げながら逃げ惑う人々――。車を押し倒し、転んだ人間を踏み潰し、カバたちはどこまでも走り続けます。しかも、このカバたちは人間を捕食するんですよ。大きな口で人間にかぶりつき、そのままゴクン。まとめて2、3人を口に入れてしまう大食いもいるから恐ろしいですね。

カバたちは、人間を咀嚼することなく、丸呑みしてしまいます。飲み込まれた人間は、カバの体内で生きながら消化されるみたいですが、具体的にどうなるのかは表現されません。転んだ女性の前からバクッ、息切れして立っている女性の後ろからバクッ……。食欲旺盛なカバたちは、どんどん人間たちを丸呑みしていきます。

実際のカバは、いくら獰猛だとはいえ、意味もなく人間を追いかけてきて捕食したりはしません。それに、カバは草食動物なので、好んで人間を丸呑みすることはないでしょう。しかし、カバは、人間に対して友好な動物では決してありません。動物園でカバを見る際も、柵から体を乗り出したり、手を伸ばしたりしないようにしましょう。見た目の可愛さに騙されると、恐ろしい目に遭うかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました