【サテンジャケット】光沢ある化学繊維が炎に包まれて溶ける焼却動画

YouTubeでは、さまざまなものを焼却する動画が公開されています。その中で特に私がお勧めしたいのはGETTHER SATINさんの動画です。

GETTHER SATINさんは、その名の通り、サテン系の衣装を燃やすことに特化した動画を撮影しています。今回は、その中から、シルバーのサテンジャケットが犠牲となる動画を紹介します。

暖炉(焼却炉?)の前に置かれたサテンジャケット――。背中の部分に茶色い染みがあって、どうやら汚れてしまっているようです。このジャケットが暖炉の中に放り込まれるのでしょう。

しかし、GETTHER SATINさんはすぐに燃やしてしまうのではなく、まずは“お仕置き”をします。表地の裂け目を両手で引っ張ってバリバリッと破ってしまうんですよ。サテン生地が裂ける音が響き渡り、ジャケットの中綿が露出してしまいました。ボロボロになったジャケットは、もう誰にも着てもらえないでしょう。

【レザージャケット】黒い革ジャンが燃え上がる!赤い炎が美しい焼却
レザージャケットに火が放たれ、化学繊維はメラメラ燃えますが、本物の革には火が燃え移りません。最終的には紅蓮の炎に包まれて…。美しい焼却!

そして、ガスバーナーでジャケットの一部を炙って火をつけ、そのまま暖炉の中へ……。奥の方では化学繊維に火が回り始め、赤々と勢いを増していきます。この炎がサテンジャケットをドロドロに溶かしていくんですね。外に出ているジャケットの袖も奥に押し込まれ、これではもう炎から逃れられません。銀色の光沢生地が熱で溶けて、ボリュームのあったジャケットが縮んでいきます。

暖炉の中で勢いを増していく炎は獰猛で、ジャケットを骨の髄までしゃぶりつくそうとしているかのようです。GETTHER SATINさんは、ジャケットの残りの部分も炎に捧げます。時々有毒そうな煙を吐き出すのは、ジャケットの最後の抵抗なのでしょう。しかし、炎の浸食を止めることができるわけもなく、むしろ化学繊維の燃えやすさが仇となって、全身が焼き尽くされてしまいました。

炎とサテンの戦いは、いつも炎の勝利で終わります。あれだけ美しい光沢を放ち、優しい手触りで人の心を癒していたサテンは、熱で溶けて跡形もなくなってしまいます。サテンの脆さを実感させられる焼却動画です。

タイトルとURLをコピーしました