【汚部屋】夜逃げ後に残されたゴミの山!家賃滞納のズボラ女子が怖い

スポンサーリンク

近年はネットでの拡散もあって、部屋の中がゴミで溢れかえっている「汚部屋」「ゴミ屋敷」などの存在が世間一般に知られるようになりました。汚部屋というと廃墟のイメージがあります。しかし、現在問題となっているのは、人が住んでいるにもかかわらずゴミが増殖した部屋や家なんですね。

【ゴミ漁り】衣類ゴミを漁れ!美品のジャケットもコートも捨てられる
ガールフレンドと一緒にゴミ漁りした男が戦利品を披露します。美品のジャケットやコート、パンツ、シャツ、ドレス…。まだ着られるのにもったいない!

実際に汚部屋がどのくらいヤバいかをYouTubeで確認してみましょう。

「家賃滞納 夜逃げ 【若い女性編】」とタイトルにあるので、動画に映っている汚部屋には若い女性が住んでいたのでしょう。「若い女性はきれい好き」と思われがちですが、中には掃除も家事も大嫌いで、ゴミ捨てすらしない“ズボラ女子”もいます。一昔前なら、同居している姑さんに「●●さん、ここが汚れてますよ!」なんて嫌味を言われるもんですから、否が応でも掃除せざるを得なかった女子も、核家族化の進行を背景に汚部屋製造マシーンへと変わっていったのでしょう。

今回は、家賃滞納するくらいダメダメな女子だったようですから、部屋がゴミだらけになるのもわからなくもないですが…。それにしても悲惨すぎます!

服が山積みになっているとかのレベルならまだ許容できます。しかし、動画に映っているゴミ山には、ゴミ袋やスナック菓子の袋、カップラーメンの容器、ペットボトル、空き缶などが混ざっています。食べ終わった食品の入れ物をその辺にポイッとして、それを一切片付けなかったのでしょうが、こんなにも不衛生になるんですね。

しかも、ゴミの中に寝床が埋まっていて、ぬいぐるみやフィギュアなどがその間からのぞいている光景は、シュールとしかいいようがありません。ゴミも生活用品も趣味のものも、全てがごっちゃに入り混じったカオス空間が目の前に広がっています。汚部屋のリアルは強烈です!

汚部屋の住人は、家賃を滞納して最後には夜逃げしてしまう、だらしない人間が多いんでしょうか?

実は必ずしもそうとはいえません。最近は、自分自身の健康や衛生に無頓着で、最低限のことすら怠る「セルフネグレクト」が増えているといわれます。セルフネグレクトの直接の原因は、仕事の忙しさや「面倒臭い」という感情だったりします。しかし、その根底には、プライドが高く、自分のことを他人に相談できない孤立気味の性格がケースがほとんどです。

職場では評価の高いOLや看護師がセルフネグレクト状態に陥って、自分の部屋はゴミで溢れかえることも少なくありません。もしかしたら、動画の汚部屋の住人も、外っ面は「しっかりした女性」だったのかもしれません。

いずれにしても、大量のゴミを処分して、部屋を原状回復させるのは大変でしょう。夜逃げした賃借人に損害賠償請求するわけにもいかないでしょうから、大家さんは途方に暮れたと思います。

タイトルとURLをコピーしました