【セーラー服】制服を着た金髪美女が流砂にハマってスカートに泥が…

「穴があったら入りたい」は、身を隠したいくらい恥ずかしいという意味の慣用句です。しかし、実際に穴にハマってしまったら、それはそれで恥ずかしいでしょう。穴から抜け出せずに無様に悶える姿なんて、誰にも見せたくありませんよね。

【セーラー服】制服少女が泥に沈む!スカートも茶色く汚れるメッシー
セーラー服のような学生服を着用した美少女が泥の中を歩きます。粘度の高い泥に足を捕らわれ、腰の辺りまで沈んで、制服スカートも茶色く汚れました!

そんな恥ずかしい様子を映した動画をYouTubeから紹介しましょう。今回犠牲になるのは、セーラー服を着た金髪美女です。

タイトルの「Quicksand」とは流砂のことです。流砂とは、水分を含んで脆い地盤が崩壊した状態をいいます。一見すると普通の地面なので、何も知らずにその場所に立つと、足元が崩れてしまいます。足を捕らわれたからといってもがけばもがくほど地面は崩れていき、どんどん体を飲み込まれ行きます。いわゆる「底なし沼」ですね。

動画では、セーラー服を着た金髪美女が流砂に足を突っ込んでしまい、身動きが取れなくなっています。彼女のセーラー服は、基調の紺色に、白いセーラーカラーと赤いスカーフが映えています。可愛らしいセーラー服が地面に飲み込まれていくシーンは、ホラー映画などでありそうなシーンです。

彼女は最初、膝から下だけが沈んでいたのが、下半身、そして上半身と穴の中に……。画面が変わって、彼女は何とか抜け出せたみたいですが、セーラー服が泥まみれになって汚れてしまいました。茶色くなったスカートや上着の裾が印象的です。JKが落とし穴にハマるとこんな感じになるんでしょうね。

狩猟採集が食料供給のメインだった縄文時代は、落とし穴を利用してシカやイノシシを捕獲する「罠猟」も盛んだったとされます。群れで行動するシカは、人々に追い立てられて逃げる中で、何匹かが落とし穴にハマってしまいます。落とし穴は動物では簡単に抜け出せませんから、縄文人にとってはとても効率の良いトラップだったと考えられています。

そんな落とし穴にJKがハマったら……。実際にはあり得ないシチュエーションですが、今回の動画を見ていると、ついつい妄想が膨らんでしまいます。

タイトルとURLをコピーしました