【剃髪】黒髪美女がスキンヘッドに!バリカンとカミソリで剃り上げる

スポンサーリンク

髪を剃り落としてスキンヘッドになる剃髪は、単なる髪型の問題にとどまるのではなく、その背後に何らかの事情があることがほとんどです。特に、女性が剃髪する場合は、相当の覚悟を伴います。「髪は女の命」といわれるくらい、女性にとっては髪の毛が大切です。それを一本残らず剃り落とすんですから、その行為には女性の熱い思いが込められているはずです。

【散髪】十代少女の黒髪を切る!ボブカットがピクシーカットに大変身
十代少女の黒髪にハサミが入り、どんどん切り落とされていきます。散髪ケープに髪が降り積もり、ボブカットがピクシーカットに大変身しました!

よくある事情は出家です。頭を丸めて尼さんになって仏門に入るわけですが、国によっては、これがとても困難です。仏教国タイでは、出家は男性にしか認められず、女性は僧侶よりも戒律が緩い白衣の「修行者」となることしかできません。しかも、「修行者」は寺の家事を押し付けられる役目なんだとか。そのため、インドやスリランカへ行って「比丘尼」になる女性も増えているといいます。

異国で比丘尼になる女性は、当然剃髪することになります。自国では認められないことを行った証として坊主頭になるのは、勇気の要ることでしょう。自国に帰ってくれば、男性僧侶たちから白い目で見られかねません。それでも剃髪した彼女たちが、今後自国内の伝統を変えていくことに期待します。

また、宗教上の事情ではなく、抗議のために剃髪する女性たちもいます。中国・北京の広場では2018年12月、4人の女性たちが白昼堂々髪を剃り始めました。彼女たちの夫は弁護士や活動家で、中国政府に言いがかりをつけられて拘束されています。人権もへったくれも無い「無法」国家の中国において、女性たちは 「無髪」(「無法」と同じ発音)で抵抗しているんですね。

中には、剃髪フェチが購入する動画のモデルになる女性もいます。出演料もそれなりの額なんでしょうから、「髪をお金に換える」ということですね。そんな動画をYouTubeで見てみましょう。

動画に映っているのは、長い黒髪が自慢の美女です。髪を束ねているゴミを外され、光沢を放つ美髪がシャンプーされます。泡と髪の毛が絡まり合う中、彼女は気持ちよさそうに笑顔を見せています。その後ドライヤーで髪を乾かすシーンが続き、この流れだけを見ると、普通の美容室のようです。

しかし、動画の中盤から、信じられない光景が――。なんと、彼女の美髪をバリカンで剃っていくんですよ!

額から頭の真ん中を走るバリカンは、容赦なく髪の毛をむしり取っていきました。頭部にできた一本道は、剃髪直後の青々とした頭皮を露出し、まるで落ち武者の頭みたいになってしまいました。左右や後ろからもバリカンを入れられて、彼女はどんどん髪を失っていきます。

画面は変わって、今度は剃刀を使って、完全にスキンヘッドにしていきます。シェービングクリームまみれの白い頭をジョリジョリ……。かつて美しい黒髪の生えていた場所は毛穴が剥き出しになって、見ていて悲しみすら抱いてしまいます。

最後に顔全体の毛を剃り、鼻毛をハサミで切って、剃り上がった頭を洗って終了です。彼女は思いのほかサバサバしていて、その笑顔に何だかホッとしました。女性のスキンヘッドは案外気持ちいいものですね。もともと顔立ちの整った女性だったから、どんな髪型でも似合うというべきでしょうか?

女性の剃髪にはドラマがあることを再確認させられる動画でした。

タイトルとURLをコピーしました