【シュレッダー】冷凍マグロが粉々に!食品廃棄物を粉砕機が飲み込む

なかなか凄まじいシュレッダー動画をYouTubeで発見しました。今回紹介するのは、食品廃棄物の冷凍マグロを粉砕する動画です。

マグロといえば、国際自然保護連合(IUCN)は2014年、太平洋クロマグロを絶滅危惧種に指定して以来、漁獲規制が話題となっています。とはいえ、スーパーの鮮魚コーナーには、いつも大量のマグロが並んでいて、私のような一般人は「本当に絶滅の可能性があるの?」と思ってしまいます。そして、動画を見る限り、「こんなにもマグロが無駄になっているのか」とため息が出ます。話し声によると「500キロ」もあるらしいです。

さて、店頭には並ぶことのない冷凍マグロの残骸は、これからどうなるのでしょうか?

シュレッダーの回転が始まって、マグロの頭や骨、胴体の一部などが粉砕されながら飲み込まれていきます。ガガガガという回転盤に動かされながら、魚の頭があっち行ったりこっち行ったりする光景はシュール過ぎますね。人間にいきなり捕えられたマグロは、冷凍され、ぶつ切りにされたかと思えば、生きていく上で一番大切な頭部は廃棄物扱い。誰も食べてくれないから、結局はシュレッダーで粉々に……。気の毒なマグロたち!

【シュレッダー】廃車を飲み込んで鉄くずに変える回転盤が強すぎる!
赤い車が巨大なシュレッダーに投下され、黒い回転盤に粉砕されながら飲み込まれていきます。廃車が鉄くずに変えるシュレッダーの力強さが衝撃的です。

冷凍マグロはどんどん飲み込まれて、山が小さくなっていきます。しかし、圧縮されている塊がしつこく残っています。ここで起こったことは驚きでした。画面左側から赤い壁のようなものがニューっと伸びてきて、塊を回転盤に押し付けたじゃないですか!今どきのシュレッダーには、こんなにも高性能なんですね。

それでもしつこく残り続ける塊――。もう一度赤い板がニューっと伸びてきて、「ストップ!」という声でいったん止まり、塊を圧し潰しました。「はーい、戻してください」という声で板が引っ込んでいくと、そこにはもう塊がありません。無事に全ての食品廃棄物が粉砕されました。

動画の解説によると、粉砕されたマグロは、飼料や肥料、燃料などになるみたいです。ただゴミとして埋め立てられるわけでなく、有効活用のための処理として、シュレッダーによる粉砕が行われたんですね。

食品廃棄物のシュレッダー動画は、無機物の粉砕とは違って生々しさがあって、私は好きです。大きなマグロの頭がいくつも粉々になっていく光景は、マグロの悲哀が滲み出ている一方で、人間の残酷さを物語っているようにも思います。私たちの社会を成り立たせるには、こんなにも多くの犠牲が払われているんですよ。そのことに感謝しながら、私たちはマグロを美味しく食べるべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました