【嘔吐】歯医者に治療される美少女がオエッ!我慢できずにゲロを吐く

スポンサーリンク

歯医者で治療を受けている最中に、「オエッ」となってしまうことがありますよね?

突然気分が悪くなって吐いてしまうことを「嘔吐反射(おうとはんしゃ)」といいます。歯医者さんが口の中に突っ込んだミラーが喉や舌の奥に当たって物理的な刺激を与えてしまい、患者が嘔吐反射を起こすことがあります。私も子供の頃、治療中にミラーが喉の奥に当たったせいで、思わずゲロンチョしそうになったことがあります。

もっとも嘔吐反射は、こうした物理的な刺激だけが原因ではありません。歯を削られて痛いこと、傷口からあふれる血の味、口内に溜まる唾液、治療器具のウイーンという機械音、独特の臭い……。歯の治療には気分が悪くなる要素満載ですが、何よりも「歯医者は痛い!怖い!」という恐怖や不安がストレスになって、身体にも影響を及ぼすんですね。そして、オエッ!

【嘔吐】ジェットコースターでゲロを吐く!美少女の服が吐瀉物まみれ
ジェットコースターに乗った金髪美少女が、我慢できずにオエッと吐きました。黄色いものがドバァッと噴き出して、彼女の服を汚してしまいました。

このように、精神的なストレスから来る嘔吐反射を、専門用語では「異常絞扼反射(いじょうこうやくはんしゃ)」といいます。治療中にオエッとなるのは、患者が辛いだけでなく、歯医者さんにとっても困った事態です。これに対応するため、リラックスできる姿勢の指示を出したり、麻酔を使ったりと、歯医者さんも大変!

今回紹介する動画は、そんな異常絞扼反射をとらえた映像です。YouTubeで公開されている映像には、歯の治療を受けている幼い美少女が映っています。

歯のクリーニングが行われているんでしょうか?少女はときどき手足を痙攣させますが、泣いたり駄々をこねたりすることなく、大人しく治療を受けています。指先が器具のコードをいじっているのを見る限り、彼女は不安なのでしょう。それでも我慢、我慢……。偉いですね。

しかし、映像の途中で少女は咳き込み始めました。ゲホッ、ゲホッ……。口の中が気持ち悪いのかもしれませんね。彼女は大きく口を開けたまま、「ああ、ああ」と苦しそうな声を漏らします。歯医者さんに水を用意してもらって、それで口をすすぎます。グチュグチュペッとしますが、彼女の表情はつらそうです。

それでも口の周りを拭いて、治療を続けようとする少女――。でも、どうやら無理っぽいようです。再びゲホッと咳き込み始めて、苦悶の表情を浮かべます。再び治療は中断されて、少女はスピットン(椅子の脇にある、口をすすぐための場所)を向き、そしてオエッ!ついに吐いてしまいました。 きっと歯の治療が怖かったんでしょうね。それでも泣き叫んだりしなかっただけ、やっぱり偉いと思います。

タイトルとURLをコピーしました