【アイスクリーム】美容液のように顔に塗られるチョコ味がメッシー!

日本では、ゴールデンウイーク明けの5月9日が「アイスクリームの日」とされます。その理由は、東京オリンピックが開催された昭和39年(1964年)にさかのぼります。当時、「東京アイスクリーム協会」(現「日本アイスクリーム協会」)は、アイスクリームの消費拡大を目的として、5月9日に記念事業を開催しました。そして、あちこちの施設にアイスクリームをプレゼントしたんですね。この年以降、「アイスクリームの祭典」「ミス・アイスクリームコンテスト」「アイスクリームフェスタ」など、さまざまなイベントが開催されてきました。

【チョコレートメッシー】バレンタインデーにふさわしいチョコまみれ
赤いコートを着た女性が、服の上からチョコレート・シロップをかけていきます。チョコまみれになったコートはハサミで切り刻まれて脱ぎ捨てられ…

5月は気温が高くなり、「初夏」と呼ばれます。街中を歩いていると汗ばむことがあって、喉も乾きます。そんなとき、ふと「アイスクリームを食べたいな」と思いませんか?私は毎年この時期から、アイスを大量に買って冷凍庫に入れておきます(笑)

私たちの口を楽しませてくれるアイスクリームですが、稀に「食べる」以外の用途で使われることがあります。今回は、高級アイスクリームの王である「ハーゲンダッツ」を使ったアイスクリームフェチ動画をYouTubeから紹介します。

ハーゲンダッツ ミニカップギフト券【2枚】

新品価格
¥1,872から
(2019/5/9 09:51時点)

動画に映っているのは、カップに入ったチョコレートのアイスクリームです。茶色いそれは、ほろ苦さと甘さとを兼ね備えた大人の味です。そのアイスクリームを手で取り出して、顔に塗り塗りする女性――。まるで化粧水のように、アイスクリームを肌に染み込ませています。

彼女はうっとりとした表情です。時々指先に付いたアイスクリームを舐めて、さらに顔全体にネチョネチョッと塗りたくっていきます。手から零れ落ちたアイスクリームが床を汚します。足元に敷かれた黒い布には溶けたアイスクリームが付着しています。

アイスクリームを顔に塗ると美容効果でもあるんでしょうか?最近は顔に泥を塗る「クレイ化粧品」もあるくらいですから、アイスクリームを使うくらい一般的なのかもしれませんね。「食べる」以外のアイスクリームの使い方を考えさせられる動画です(笑)

タイトルとURLをコピーしました